風俗とAV女優だったらどっちが稼げる?

AV女優、風俗嬢ともにピンキリの世界です。勤務期間によっても当然異なります。極端にいえば1週間なのか1ヶ月なのか1年なのか10年なのかです。たとえ話ですが、1年で考えた場合で大手のプロダクションと単体契約をし、年間に12本の作品を出したとします。1本あたりの給料が100万円だとしても単純に1,200万円です。AVに出るにあたり、追随して色々なギャラが発生しますからそれ以上になる事は必然といえるでしょう。

しかしAVに出演している大部分の女性は企画系が多く1本の給料が100,000円だとしても1ヶ月に2作品に出演しても月に20万円しか稼げず、年間240万円にしかなりません。なので、単体契約をしない限りではアルバイトでもしない限り生計を成り立てるのは非常に厳しいといえます。そして風俗ですが、こちらも高級店であったり、大衆店によっても大きく変動します。高級店であれば90分あたり30,000円前後の収入が入り、1日に4人のお客様を接客したとして12万円。週に3回すれば月に約1440000円稼げる事になるので、企画系の女優さんより大幅に稼げる形となります。そして大衆店で働いたケースになりますと、90分で10,000円前後の収入が入ります。1日に4人のお客様を接客したとして40.000円。

週に3回出勤すれば月に約480,000円稼げる形となってます。もちろん風俗に関しては季節によってだいぶ客足が変わってきますので、毎日4人のお客様を接客出来るとは考えにくいです。

This entry was posted in 稼ぎの違い. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります